多彩なITスキルで御社の業務をスリムにします ITでこんなことがやりたい!を実現します 同業者も依頼してきます! ITで業務効率化コンサルタント 代表 溝内 直

Linux 外注

Linuxデータベース構築の外注やWebシステム構築の外注をお探しなら「ハーモフィル」へ
  • Linuxの外注 システム開発

    Linux+Apache+MySQL+PHP+jQueryならハーモフィルへお任せください。
    Linuxインストール、Webサーバー構築、データベース(MySQL)構築、システム設計、プログラム作成(PHP+jQuery)まで一貫して請け負わせていただきます。
    ハーモフィルではLAMP+jQuery環境でのシステム構築なら警備業、製造業向けシステムの構築実績があります。
    ハーモフィルはLinux構築の専門家集団です。Linuxの外注、Linuxシステムの外注は「ハーモフィル」へご相談ください。

  • Linuxの構築を外注

    Linuxの構築を外注先をお探しの場合は、次のことに注意してください。
    1.Linuxの外注を依頼しようとしている業者(依頼先)がシステム開発もできる
    2.Linuxの外注を依頼しようとしている業者(依頼先)がセキュリティ対策に敏感
    3.Linuxの外注を依頼しようとしている業者(依頼先)の対応が柔軟

    Linuxを外注しようとする時、あなたの会社でLinuxの深い知識をもっている人がいるなら判断がつくと思いますが、 あなたの会社でLinuxに詳しい人があまりいない場合は、Linux構築だけでなくシステム開発、シェルを駆使できるなど 高度な技術をもった業者に外注すべきです。
    例えば、メール送信サーバー(smtpサーバー)の構築を行い、5000件のメール送付先リストにメール送信するメールサーバーを構築したい場合、Linux構築のみの技術しかない外注さんならメール送信の部分までは対応できません。 Linux構築ができ、プログラム(php, perl)やshellにも詳しい業者に依頼されると、メール送付先リストに従い連続でメール送信するなどはいとも簡単にできてしまいます。
    これに限らずさまざまな応用力がありますので、Linuxを外注されるなら、システム開発ができる業者に依頼されるべきです。

    Linuxをインターネット上に公開されるならセキュリティに詳しいLinux 外注先である必要があります。
    せっかく良いWEBシステム、ECサイトを立ち上げてもクラッカー(悪意をもった攻撃者)にのっとられ、重要な情報を盗み見られるだけでなく、別WEBサーバーを攻撃する踏み台となってしまっては元も子もありません。
    Linuxを外部公開する予定ならセキュリティに詳しい業者にLinux外注するべきです。

    Linux関連の業務を外注される場合は、融通のきかない業者より柔軟に丁寧に対応してくれる外注さんの方が良いはずです。

    Linux 構築 サービス

  • Linux設定の外注

    Linuxの設定を外注先をお探しの場合は、vpsなどレンタルサーバーのLinux設定をご依頼予定でしょうか。
    レンタルサーバーやvpsは専用のファイアウォールを設置できない場合が多いため、特にセキュリティに気を使う必要があります。
    Linuxのファイアウォールソフトである(iptables)の設定を強固なものにする必要があります。
    vpsはLinuxのiptablesのデフォルト設定がまったくされていないこともあります。もしファイアウォール(iptables)を全く設定していなかったり、設定があまかったりすると攻撃の対象となりやすく、大変危険を伴います。サーバーに不正侵入され、重要な情報を奪われたり、別のサーバーを攻撃する駒となってしまうこともあります。
    Linux設定を外注される場合、特にvpsを依頼される場合などはセキュリティの認識が高い業者に外注されることをおすすめします。

  • Linuxインストールの外注

    Linuxインストールの外注は現地に赴いてインストール作業を行う外注に限定するのはあまり良いこととは思いません。
    LinuxインストールとなるとWebサーバーやメールサーバーの構築、セキュリティの設定まで行うことになる可能性が高いと思いますが、現地では集中して調査しながらインストール、構築できない場合が多いためです。Linuxインストール+構築作業は時にインターネットで調べたりしながら、最良の状態へ持っていくべきなので、現地に外注さんを出張させ、現地でインストール作業を行わせるのはおすすめしません。
    Linux機(Linuxをインストールする予定のハード)を外注さんへ送付し、外注さんがインストール後、返送してもらうスタイルの方が作業をする側として、落ち着いて、集中してできるためより良い仕事ができることと思います。
    誰であっても作業状況をお客様からじっと見つめられていると緊張して本領発揮できないはずです。
    Linuxインストールの外注はLinux専門の業者さんへハードを宅配便で送り、インストール後返送してもらう方が良いです。

  • Linux仮想化の外注

    Linux仮想化の外注をお探しの場合は仮想化ソフトは何にするかお決まりでしょうか。
    Linux仮想化をご希望ということは、既にあるいくつかのLinuxサーバー、Linuxシステムの移転も必要となるのではないでしょうか。
    概要をお聞かせいただいて、ハードのスペックはどれくらいにするか、仮想化ソフトは何にするか、から考え最良な案をご提案させて頂きます。

  • Linuxデータベース移転の外注(PostgreSQL, MySQL)

    Linuxデータベース(PostgreSQL, MySQL)を別サーバーマシンへ移行・移動するには動作しているWebシステムを停止させる必要があります。
    動作している途中で移行作業を行ってしまうと、DBに不整合が発生し、移行先では動かなくなってしまいます。
    運用中のWebシステム、CMS、ECサイトであるなら他にもいろいろ気をつける点がございます。
    Linuxデータベース移行・移転・移動をお考えなら、Linuxデータベース移転の外注先は「ハーモフィル」へお気軽にお問い合わせください。

  • Linuxサーバープログラムの外注(php, perl, shell)

    Linuxサーバープログラムといえばphpやperl若しくはshellで行えます。232cやTCP/IPといったプログラムを行いたい場合はLinux C言語、Java等を用いるのが良いと思います。「ハーモフィル」はLinux専門家であり、これらの各プログラム言語もマスターしております。Linuxサーバープログラムの外注をお探しなら「ハーモフィル」へお問い合わせください。

  • Linuxバックアップの外注

    ホームページ制作業者によっては知らず知らずのうちにLinuxサーバーを使っていることも多々あるのではないでしょうか。Linuxのバックアップといってもさまざまですが、最近はやりのCMSはhtml上に文章を直接書き、保存しているのではなくデータベース上に保持しています。このような場合はCMSのファイルだけでなくデータベースのバックアップも必要になってきます。
    CMSやネットショップのバックアップはLinux上データベースのバックアップということにもなります。
    Linuxはファイルシステム全体をバックアップせずとも、必要な部分(ディレクトリ配下)をtarで固めてバックアップするだけでOKなこともありますので、Linuxバックアップの外注は「ハーモフィル」にご相談ください。

    Linuxトップページへ