多彩なITスキルで御社の業務をスリムにします ITでこんなことがやりたい!を実現します 同業者も依頼してきます! ITで業務効率化コンサルタント 代表 溝内 直

Linux おすすめ

サーバー用途のLinux、どのLinuxがおすすめ?
  • Linuxのおすすめ ディストリビューション その1

    有償のLinux(Linuxディストリビューション)のおすすめは 「Redhat」 です。
    おすすめの理由としては次のとおりです。
    ・有償のLinuxではシェアNo.1
    ・情報量が多い

    Windowsユーザーであれば、Linuxは非常にとっつきにくいOSです。Linuxは基本的にコマンドベースで設定・管理を行うからです。Windowsのようにほとんどの事をGUIで設定・管理することができません。Linuxに慣れていない人が、Linuxを扱おうと思っても必ず行き詰ります。インターネットなどに情報量が多いほど、行き詰った時の問題を回避することができ、早いスピードでLinuxスキルを身に付けることができます。

    Linuxのおすすめ ディストリビューションその2

    無償Linux(Linuxディストリビューション)のおすすめは 「CentOS」 です。
    おすすめの理由としては次のとおりです。
    ・Redhatのクローンであること
    ・サーバー用途として無償Linuxの中で最も多く使われている
    ・商用でも利用されている
    ・レンタルサーバーのLinuxはCentOSであることが多い
    ・情報量が多い

    仕事で使う機会が多いCentOSを覚えておくことで、即戦力の技術が身に付きます。

    CentOSは、数あるLinuxの代表格で、商用にも利用されており、レンタルサーバーのLinuxはCentOSであることが多いです。

    Linuxの中でも軽量だから、使いやすいからと他のLinuxをおすすめされても、騙されないよう注意しましょう。

    ビジネスで使うならLinuxの使用用途のほとんどはサーバー用途だと思います。であるならば、サーバー用途としてシェアの高いCentOSを使用しマスターした方が良いはずです。
    サーバー用途でLinuxを選ぶならCentOSがおすすめです。

    趣味レベルでデスクトップ用途とし使うならubuntuやその他Linuxでも良いと思います。
    Linuxが違うと(Linuxのディストリビューションが違うと)設定ファイルの配置場所、ディレクトリ構成、パッケージコマンドなどいろいろな違いがあります。
    仕事で使っていくのか、今後仕事で使う可能性があるのか、趣味レベルなのか、後々の事を考えて最適と思われるLinuxを選択されることをおすすめします。
    社内にLinuxサーバーを置いて「おすすめのCentOS」以外のLinuxを必死に勉強しマスターしても、いざ仕事で使うとなったら、利用者が多いLinux"CentOS"を使わざるを得ないはずです。

    あまり有名ではないLinuxのインストールCDが手元にあったとしても、有名でないLinuxをインストールすることはおすすめしません。 大変回り道なことをやってしまうことになるからです。 Linux(ディストリビューション)が違えば設計や思考が違います。コマンドも違うこともあるので、初心者であるなら特に、せっかく勉強して覚えたことがムダになる場合さえあると思います。 ですので あまり有名でないLinuxを使われることはおすすめしません。

    シェアが多いLinuxを使っていると、わからないことがあっても、情報量が豊富にあるから調べることが出来ます。 ネット上の情報も豊富、書籍も豊富です。

    CentOSをおすめめするもう1つの理由
    エンドユーザーのお客様によっては無償のサーバーOSを使用するということを嫌う方も少なからずいらっしゃいます。 CentOSはほとんどRedhatと同じです。ロゴが違うくらいです(CentOSにはRedhatの商用パッケージは含まれていなかったりしますが)。 CentOSを日ごろ使っていれば、Redhatの構築も出来てしまいます。 だからこそLinuxのおすすめはCentOSです。

    Linuxを始める前に「おすすめ」します

    社内でWebサーバーをたてることになった
    社内で技術を保有するため勉強することになった
    Linuxサーバーでシステム構築することになった

    さまざまな理由で「Linux技術を身につけなければならない」「Linuxを覚えなければならない」という状況だと思います。
    しかし、今一度考え直されることをおすすめします。
    「ゼロから学習するには時間がかかりすぎる・・会社にとってコスト(人権費)がかかりすぎる」 からです。 頻繁にLinuxを構築する必要がないのなら専門業者に依頼するのがベストではないでしょうか。

    Linux構築は専門業者に依頼されることをおすすめします。
    デザイン業ならデザインに、システム開発業ならシステム開発に 専念した方が作業時間の短縮になります。
    時間をかけて学習するということは会社にとって大きな費用がかかってしまいます。
    不慣れな人がLinuxを構築するより、Linux専門家が構築した方がセキュリティも高くなります。

    レンタルサーバー(VPSなど)でもCentOSが採用されているサーバーは多いです。 レンタルサーバー「VPS」は1台のサーバーマシン上で複数の仮想Linuxが動作しています。 この複数の仮想Linuxの1つをレンタルするのがVPSです。 レンタルしてもらう(借りる)側としては、あたかもまるごと1台のLinux機を借りているような感じです。 VPSのようなレンタルサーバーには専用のファイアウォールを設置することが出来ないので、Linux内部でセキュリティを高める必要があります。

    Linux内部のファイアウォールはiptablesというソフトになります。 このiptablesで高セキュリティなファイアウォールを構築できるようになるまでには相当な時間を要します。 高セキュリティなファイアウォール(iptables)を構築するためには、ネット上で調達できるiptablesの技術では足りません。 TCP/IPの知識を分かっていて、攻撃手法を分かっていて、その攻撃を防御する対策をiptablesに組み込む必要があります。

    だからこそ頻繁にLinuxの構築を行う必要がないのなら、Linuxの構築は専門家に依頼されることをおすすめします。
    「ハーモフィル」ではLinux サポートサービスを提供しております。