多彩なITスキルで御社の業務をスリムにします ITでこんなことがやりたい!を実現します 同業者も依頼してきます! ITで業務効率化コンサルタント 代表 溝内 直

linux系データベース 発注

Linux系データベース構築の外注や見積依頼、案件相談ができる企業なら「溝内システム」
  • 個人情報の管理目的でLinux系データベースの構築を発注する

    会員情報、求人情報、顧客情報(個人)など管理するべき人数が増えるとその管理のコストは膨大なものとなります。 Linux系データベースのシステム構築を専門業者に発注し、コスト軽減を図るのも1つの手ではないでしょうか。 Linux系データベースを利用すれば、OracleやSQL Serverのようにデータベースソフトの費用がかからないというのが大きなメリットの1つです。Linux系データベースはオープンソースで無料で使える上に、多くの企業が商用利用しており実績も今や星の数ほどあります。Linux系データベースを利用したシステム開発を発注し、システム導入の初期費用を抑えるのはコスト削減の方法の1つです。 クラウドのサーバーを使用した、Linux系データベースでシステム構築を発注するのがハード費用が安くすみます。
    Linux 構築 サービス

  • 受注管理 Linux系データベース 発注

    受注システムをWebシステム(Linux系データベース)で構築し、電話やメールで受けずにWebの受注システム経由で発注してもらうことにより、手間を省くことができます。 WebシステムはLinux系データベースを用いて構築されることが多く、業務の中でも重要な受注管理システムを構築しても十分な信頼性をもったシステムを構築することができます。 信頼性、継続性、安定性をどれをとっても十分な性能を発揮することができます。 またWebシステムはデバイスを問いません。つまり、パソコンであろうとスマートフォンであろうと、iPadであろうと閲覧、操作することが可能となります。どこにいても受注状況を見ることができるのでその便利性は末広がりとなることと思います。

  • 在庫管理 Linux系データベース 発注

    在庫管理システムもLinux系データベースを使用したシステムを構築する(発注する)メリットはあります。 いくつかの倉庫に分散して在庫を管理している場合、LANなどのネットワーク環境を構築せずとも、各倉庫のパソコンがインターネットにさえつながっていれば、在庫管理システムが使用できます。LAN環境の構築・ケーブル引きや拠点間ネットワーク(VPN)といった費用を削減することができます。別の項でも記載しておりますが、Linux系データベースを用いたシステムの商用実績は数えきれないほどたくさんあります。在庫管理システムは「Linux系データベース」でシステム業者に「発注」されるのは「有」であると言えます

  • 商品情報管理をLinux系データベースで発注

    商品は小売業などの商品の種類をたくさん扱う業種であれば、紙で管理しておくのは大変です。本社だけでなく営業所や出張先でも商品情報が検索できればどれほど便利か分かりません。Linux系データベースを用いたクラウドシステムの構築を専門業者に発注されることで、これを実現することが可能となります。

  • 営業情報の蓄積や共有目的でLinux系データベースの構築を発注する

    営業日報や報告書は、キングファイルに綴じ込むか直接上長に提出する場合が多いと思います。しかし、フォーマットは社内で統一されていない場合が多いのではにでしょうか。Linux系データベースを用いた営業情報の管理システムを外部に発注することで、初期費用を抑えた営業情報管理システムの構築が実現できます。

  • 大学の研究情報の管理目的でLinux系データベースの構築を発注する

    大学の研究室なら研究室内でシステム構築をされる場合もあるかと思います。大学の研究室ではOracleやSQL Serverなど有料のデータベースを購入するより、オープンソースであるLinux系データベースを用いたシステムで構築(または外部に発注)するのが「研究」という意味でイメージ的にも合っているのではないかと思います。 Linuxは他OSと比較して軽量なスペックで軽快な動作をさせることが出来ます。その意味でもLinux系データベースで構築(外部に発注)するということは「有」だと思います。

  • それ以外のLinux系データベースの構築(発注)

    顧客管理システム、クレーム管理システムはWebシステム化することで、営業マンが外出先でもスマートフォンなどのスマートデバイスからいつでもどこでも入力し利用することが可能です。 WebシステムはWindows系OSで構築(発注)するシステムよりLinux系OSとLinux系データベースで構築(発注)する方が、同じスペックのマシン上で動作するとしても軽い動作を実現することができます。