多彩なITスキルで御社の業務をスリムにします ITでこんなことがやりたい!を実現します 同業者も依頼してきます! ITで業務効率化コンサルタント 代表 溝内 直

生産計画入力機能 | 生産管理システム基礎知識「生産管理システムの主要機能」

生産計画入力機能

生産計画入力機能はMPSと呼ばれることもあり、事前に製品の受注予測を出してどの商品をどのくらいの数量作るか、いつまでに一定数を確保するかなどを計画して、その数値を入力するための機能です。受注生産ではニーズは高くありませんが、最終組み立て製品を在庫として持っておく会社や、部品調達に時間がかかる製品を作っている場合には、こうした生産計画入力が必須となります。 生産計画を立てるに当たっては、元請けや営業からの内示情報を使うのが最も精度の高い手法です。それに加えて、企業が持っている過去の販売履歴や現状での進捗状況などを分析して、将来の売上予測を立てることもなされます。担当者が独自に予測を作ることもありますが、生産管理システムの中には、過去の傾向などから自動的に需要予測をしてくれるプログラムが含まれているものもあります。その場合、生産計画入力機能と予測機能はセットになっていて、担当者はチェックと細かな調整を行うだけで済むことになります。