多彩なITスキルで御社の業務をスリムにします ITでこんなことがやりたい!を実現します 同業者も依頼してきます! ITで業務効率化コンサルタント 代表 溝内 直

需要予測機能 | 生産管理システム基礎知識「生産管理システムの主要機能」

需要予測機能

需要予測機能は生産計画を立て、最終的に販売計画の立案に影響を与える機能です。統計的にデータに基づいた売上予測を立てて、それに基づいて製品が一定期間内にどれだけの需要があるのかを予測していきます。様々な統計手法が用いられますが、移動平均法や指数平滑法などによって、過去から直近までの売上実数に基づいて将来予測をする方法が一般的です。また、商品の種類によっては季節やキャンペーンによる売上の大きな変動が伴います。そのため、季節指数やイベント感応度などの計算方法を加味して、最終的な予測値を出すこともあります。 この分野についてはAIの技術も進んでいますので、今までの手法とは異なる方法でより現実的な需要予測ができるようになるとも期待されています。需要予測は部品や原材料の調達にも影響を与えますし、在庫管理や生産体制の策定にも関係してきます。そのため、高い確率で予測を正確なものにできるかどうかが重要な点となってきます。そのため、上記のような手法で計算したとしても、最終的には人間が介在して分析を複数の観点から行い、より現実的な数値に調整することが多いです。